読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

【社会学#1】言論の自由

入門社会学 書籍レビュー

今年はちょっと社会学に力を入れよう、と思い、本を読んでいます。

たまたま書店で見かけた「面白くて眠れなくなる社会学」(橋爪大三郎PHP出版)がたいへん面白く、またその時々の社会的な関心ごとに応用できる話ばかりなので、備忘録もかねて思うところを書いていこうと思います。

 

言論の自由

 

1月17日に、フランスの週刊誌「シャルリー・エブド」が襲撃される事件があった。

世界中の人々が「言論の自由」について考えさせられる、驚きのニュースだった。

 

ひとには、言論の自由がある。

好きなことを思っていいし、言っていいし、書いていい。

でも、誰も彼もが好き勝手なことを言うと、傷つく人や、悲しむ人や、怒る人もいる。

だからあまり何でも口にするものではなく、相手の気持ちを考えるとか、思いやるとか、TPOを考えるとか、そういうことを人は成長とともに身につけていく。

「シャルリー・エブド」は言論の自由の象徴みたいなものだった。でも見た人の気持ちを思いやっていたかどうか、たぶん思いやってはいなかった。それがユーモアだ、という文化的な背景もあろうと思う。

では、彼らはもう少し思いやるべきだったんだろうか。

誰かが傷ついたり怒ったりしないように、言論の自由を抑制すべきだったんだろうか。

 

なぜ「言論の自由」が必要なのか。

それは別に、自分が我慢しないためとか気ままに生きるためではなくて、「社会が成長していくため」なのだ。

橋爪氏の本の内容をお借りしながらいくと…言論の自由があれば、討論ができる。自由に考えたことを発言できて、良い考えをどんどん取り入れられる。イマイチな考えや意見は論破される。そして特に良い考えは、文字によって先の未来にも、また遠方にも伝えることができる。

言論の自由」のもとで議会が討論を重ねて、より進んだ法律を作れば、人は今までよりも自由になれる(これまで社会に埋もれてきた人たちの権利が解放される)。そのような、社会の「自由」への前進のためには、「言論の自由」がまず何よりも保証されて、討論が自由に行えて、良い意見が自由に言えるようでないといけない。「言論の自由」は人類の進化の根底なのだ。

 

また、思いやりのない発言は、結果として社会が間違った方向に進まないためのお目付役になる。

 

たとえば、国の医療費削減のために新薬よりも安い「ジェネリック医薬品」が登場して、国はちゃんと品質を認めて推進しているし、実際にどんどん利用が広がっている。それでも「あんなもの信用できない」と頑なに否定する専門家もいる。

そういう、ちょっと頑固みたいに見える人たちの意見こそが、社会が変な方向にいかないためのアンカーになる。ジェネリック医薬品のメーカーは「否定派の人がうるさいから、品質の良さを徹底して信用を損なうな」と、細心の注意を払って薬を作るようになる。

 

誰も彼もが「いいんじゃない、それが全体の流れなら」と言うような社会だったら、メーカーの製品管理がずさんになったり、まちの風紀が乱れたり、いつの間にか独裁者がいたりするかもしれない。

「この人の言うことは聞きたくないなぁ、みんなと違う意見で口やかましいなぁ」と思ってしまうような人も、社会の中ではなくてはならない役割を果たしている。

 

個々人のレベルで、誰かが傷つくとか悲しむとか、それはまた別の問題として、

人類が前進していくためには、「言論の自由」は決して制限してはいけないのだ。

第一、誰も彼もが良い言葉しか言わなくて、みんなニコニコしかしてなくて、誰も傷つかず誰も悲しまず誰も怒らないような社会なんて、気持ち悪くって仕方がないのだ。

 

 <参考文献>

面白くて眠れなくなる社会学

面白くて眠れなくなる社会学