読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

小説

祖母の手は、ツヤツヤとして柔らかかった。
私はベッドの横で、その手をずっとなでていた。
冷たくも、あつくもない。まるで人形のようだ、と思った。その手の中に、魂があるということが不思議だった。もうその瞳には、魂は宿っていないというのに。


焼かれた後の祖母の手の骨が、あまりに軽くて驚いた。
そこにはもう、彼女はいなかった。
手のひらに乗せたひやりと冷たい骨が、久々の、祖母の体温だった。