読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

sense

小説

「おてんとさまはね、知られちゃいけないことがいっぱいあるんだよ」

彼の襟が風にそよいだ。
僕はその様が、なんだか妙に懐かしくて、妙に悲しくなった。

「知られちゃいけないことが、多すぎるんだ。この世界には」

だから僕たちは、昼間、おとうさんが何をしているか知らない。先生が子もだったことを知らない。昨日いた猫の寝床を知らない。A子ちゃんの本当のきもちを知らない。

「だからね、目くらましするんだよ。おっきい夕焼けなんかをひとつ見せて、きれいだな、って思わせて、それで満足してほかのことなんて全部わすれるようにするんだ」

そのために、きれいだって思うきもちが僕らにあるんだ。


そんなひみつも、たぶん、僕らしか知らない。