ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな (河出文庫)

人のセックスを笑うな (河出文庫)

途中、
「彼女が自分の意味だの、自分にできることだのできないことだの、ウダウダ考えるのが僕にはばかばかしく感じる」といった感じのことを語る部分に、ぞくっとした。


男のひとって、そんなふうに考えているのだろうか。


私の考える、自分の価値だのなんだのは、あなたから見たらくだらなかろう。
自分に自分の言い訳をしているだけで、結局なんにもならないからだ。
そしてそれと、全くとはいわずとも、ほとんど同じことを、私はあなたに感じる。
あれこれ考えて、考えてる自分に満足してるように見えるからだ。


人と人が理解し合うことなんて、って思うけれど
それでも希望を捨てられないのは、甘いのだろうか。