読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

かもめ食堂

書籍レビュー

かもめ食堂

かもめ食堂

映画がお気に入りだったので原作も読んでみた。
といっても、映画のための書きおろしなので一般的な「小説の映画化」とは話が違うけれども。


今までリメイクは原作を越えられないと思っていたけれど、
これは映画には映画の、小説には小説の良さがある、今までの考えを覆す作品だった。
映画はあまりにファンタジックで綺麗すぎる感があって、原作ではちゃんと「現実」がある。
逆に、原作のちょっと泥臭い感じを、映画では優しく美しく夢のように描きなおしている。
どちらの方がいいかは好みの問題だけれど、片方を味わった後でも、もう片方に新鮮味がある、二度おいしい作品である。


あまり具体的な風景描写のない文章から、あのようなビジュアルが生み出されるというのは、映画のロマンだ。
逆に、原作版のもたいまさこも見てみたかった気がするw


あとあのタイトル字、ふつうのゴシック体があんなにかわいらしく感じられるのは、文字の可能性を提示している。