ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

コンフェッション

コンフェッション [DVD]

コンフェッション [DVD]

ミシェル・ゴンドリー(監督)とチャーリー・カウフマン(脚本)というタッグの作品が好きなのだけれど、その出来は監督によるものなのか脚本ゆえなのか、検証するためにチャーリー・カウフマン作品を借りてみた。
この作品については監督がかなりがんばったみたいなことをメイキングで言っていたので、カウフマン氏がどの程度貢献しているのかは分からないけれども、少なくともチャーリー・カウフマンは間違いないな、と思った。
もしこれがカウフマン作品じゃなければ絶対手を伸ばさなかったような内容のものだったけれど、きっちり「カウフマン的要素」が盛り込まれていて楽しめた。もちろんミシェル・ゴンドリーの時ほどの奇抜さはないけれど。
カウフマンとは別に、この作品の美術面がとても良い。時代を思わせるファッションやインテリア。女たちの個性。クセがあるがゆえクセになってしまう女優がそろっていて。スパイの女性と会うバーがすてき。