ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

知と愛

知と愛 (新潮文庫)

知と愛 (新潮文庫)

芸術に生きた男と、学問に生きた男。
前半しばらくはなんともしんどくって、途中なんてただのやりまんの話かいとおもったものでしたが、いやぁ、ペスト時代のあたりからの勢いが半端ない。
なにせヘッセの表現があまりにもすばらしくって(そして高橋氏がそれをまたすばらしい日本語に訳してくれていて)思わず涙がでるかと思ったほどでありました。こんな美しい言葉を使う人がいるだろうか。ドイツの美しい風景が、目の前にはるか遠くまで見渡せてしまうのだもの。