ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

グラジオラスの耳

グラジオラスの耳 (光文社文庫)

グラジオラスの耳 (光文社文庫)

きんと冷えた氷のように鋭いのに、ゆらゆらと形が分からないまま放りだされる文章。
好きな人は好きなんだろうけど、個人的には気に入らなかった。
あまりにも投げっぱなしで、抽象的で定まらない。というか単純に、わくわくしないのだ。自然と、字を追う目も、頁をめくる指も足取り重くなる。
しかし唯一、最後の話はいいかもしれないと思った。アットホームな居酒屋の雰囲気を想像すると頬が緩む。最後もちょっと、かわいかったし。
解説を書いている江國なんとかという人がそういえば有名だし、次に読んでみようと思った。