ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

ズートピア ー ダイバーシティは金のなる木

見てきました。ズートピア。


ちなみにこっちの予告編が一番好きです。

人間のいない、二足歩行する動物たちが暮らす世界。
彼らは動物の本能を制約して、いまの人間と同じように文明を発展させていた。
主人公のウサギのジュディは、世界をより良くする警官になるべく、田舎のニンジン農園を出てニューヨーク的大都会「ズートピア」へ…

アナ雪ほどの社会現象感はないけど、しかしアナ雪よりよっぽどこっちの方が話が良くできてる。
個人の人生観とか幸福観をフィーチャーしていたアナ雪に対して、これは政治汚職や動物種差別など社会派なテーマ。
ピクサー&ディズニーのクリエイターたちの、イマジネーションの豊かさにただただ感心する110分。

人間界と同じように大都会があってスマホがあってジューススタンドがある、けどそれぞれの動物に合わせて商品やサービスがアレンジされている。
そういう装置の数々を見ているだけでも、もうあと2、3時間見ててもいくらい見飽きないのだ。

そしてその装置たちを見ていて感服したのは、やはりダイバーシティが経済を発展させるということ。

大型動物・中型動物・小型動物が乗りやすい電車を作れば、それぞれの動物が鉄道サービスを利用してくれる。
泳ぐ方が速いカバには、降り口に身体乾燥機を設置しておけば水中移動も都市生活も営める。
小さな車にはとうてい乗れないキリンのための背の高い車を作ればキリンも乗れる。

そうして多様な種が経済活動に参加すれば、売れる相手が増えて、売手も儲かる。

人間社会でも同じで、
男女共同参画すれば、男性だけじゃなく女性のリクルートスーツが売れる。女性の可処分所得が増えればサービスがふえる。
ペット同伴可能な店では、ペット分も飲食代が入る。
英語の案内板が多い街には、日本人だけじゃなく外国人も来るようになる。

資源にも能力にも限界があるこの世界で、少ないパイを奪い合わず、パイを広げていくためには
好むと好まざるとに関わらず、ダイバーシティを求めていくしかない。


一見子供向けなディズニー動物の映画でこんなことに思い至れるんだから、「この映画、意外と深いんです。」の売り文句はウソじゃない。この文句自体はどうかと思うけど。

小保方さんの「あの日」を読んで

世間を騒がせた…という言葉はよく聞くけど、私はむしろ「世間が騒いだ」という感覚が近い。

人は誰かと関わり合い支え合いながら生きている限り、世の中を変えるような功績をたった一人の人が成し遂げるなんてことは(その功績が大きいものであればあるほど)ないと思っている。

天下統一も、太閤検地も、郵政民営化facebook繁栄も、たくさんの人が関わって、たくさんの人の手間のうえで実現している(と思う)。ものごとをシンプルにするために、代表者の名前だけが歴史書に残り、功績に対する「誉れ」とそれに伴う「責任」はその人が負うものになっている。でもそこで語られない「その他の多くの人」なしには、きっとそれは実現しえなかっただろう。

何が言いたいかというと、私は小保方さんの騒動をみながら「なんだか気持ち悪いなぁ」と思っていた。

論文はおろか報道の内容も精読していたわけではないが、しかしあんな世の中を揺るがすような大事に対してたった1人が「誉れと責任」を追っているのだろうか? 年功序列と男尊女卑の風潮が残るこの国で、こんな若い女性に全ての権限(とそれに付随する責任)があったのだろうか、彼女を管理監督する責任は誰かになかったのか? 彼女以外の「その他の多くの人」に責任はないのか、むしろ(仮に若い女性がまだまだ活躍しづらいとすると)彼女は「その他の多くの人」ではないのか? ていうか、正直彼女が何をしてようと私たちの日常生活にたいした直接の影響はないんじゃないか?

そんなモヤモヤした気持ちで報道を横目で見ているうちに、その話題もどこかへ消えてメディアは他の話題を取り上げるようになっていた。

 

私はニーチェ「事実は存在しない。解釈だけが存在する」的な考え方の持ち主で、今回の騒動で報道陣からみた「解釈」は聞き飽きたので、小保方さんからみた「解釈」が気になって読んでみた手記。

あの日

あの日

 

 

レビューを見ていると突っ込みどころもいろいろあるのかもしれないけど、その検証には興味はないので…。

読んで思ったのは、やっぱ世の中、政治と人脈か…。

あの本の中の小保方さんはとてもとてもとてもピュアで、研究に対してひたむきで熱心で、科学的証明は裏切らない、と信じていたように感じた。性善説の人なのだな、とも。

世の中には善意と同じくらい悪意も転がっていて、どんなに自分が地道に生きようとしていても周囲が自分を利用しようとしたり、「支援」や「指導」「お世話」の見返りには「奉仕」「恩返し」が求められて、それがドロドロとした人間関係を形成しうる…そういったことを嗅ぎ取って警戒心を持ってうまく流したり、積極的に利用し利用されたりしながら、世間を渡るスキルも人間には必要だ。

きっとあれだけいろんな先生に目をかけられていたということは、優秀な研究者だったのだろう。

そういう優秀な人材ほど、偉い人は政治利用することばかり考えて会社や社会のために最適活用できない…というのは多くの組織のジレンマだと思う。

真面目で責任感のある人ほど入社してから鬱になりやすい、というのもこのケースに近い。でも人事は真面目で責任感のある人を採用したがる。採用したあとで持前の真面目さを発揮すると「もう少しうまくやってくれればいいのに…」と周りは引いた目で見たりする。

 

私もどちらかというと、生真面目で、心の襞というものに鈍感な方なので、ただでさえ生きづらいなぁと思うことは多い。小保方さんの姿を見て、この手記を読んで、他人ごとではないな、と思った。

最近のトイレ居心地良すぎ

大阪を歩いていたら、急に雨が降ってきました。
通りを歩く人はこぞって店内へ逃げ込みます。カフェはどこも行列をなしています。
こういうとき、披露宴帰りで荷物の多いひとり客は心苦しい。

スタバがあまりにも混み合っていたので、アーバンリサーチのカフェに避難して参りました。

しかしあれですね。
こういうセレクトショップ併設のカフェとかうっかり入ってしまうと、トイレがあるのか不安になってしまうんですね。

ストレスが尿意に表れやすいタチなので、トイレにいけないかもと思ったらたいした水分もとってないのにいきたくなってしまう。
鼻が詰まったらたいして酸素不足でもないのにぜえはあしてしまうのに似てるかもしれません。違うか。

逆に、トイレに入ると心地が良すぎてなかなか出てこれない。家のトイレでも中で本読んだりゲームしたりする方なのですが、たぶんそのトイレいけないかもストレスが極端に緩和されて、解放感から離れられないのかもしれません。

 

それに拍車をかけるのが、最近の外のトイレ。
昨今の商業ビルの女性トイレって、キレイすぎやしませんか。
温水便座は標準装備されているし、いつも清潔感があふれ、暖色系の照明でリラックス効果も抜群。

すると必然的に、トイレ目的でビルに来る客も増えて、テナントはどうかわかりませんがトイレはつねに大盛況大行列だったりするわけです。

おそらくは単にトイレ利用者の数が増えただけではなく、居心地良さのあまりひとりひとりの個室滞在時間も、長くなってると思うんですよ。
だって映画館のトイレって2個くらいしか個室なくて、それでもそこまで混雑せず回ってるけど、商業ビルは個室10個もあるのに全然足りないじゃないですか。

そうすると、ガチでトイレを必要としている人にとっては由々しき問題なわけです。ガチでトイレを必要としている人とはどういう人のことか、そこは文脈から察してください。

またビルのテナントにとっても、同じ1時間のフロア滞在時間のうち、3分5分トイレに使われるより店内を見て回って欲しいわけです。

キレイなトイレは、利用客たちの居心地を高めるあまり、同時に多くの人を困らせてもいるのです。

思うに、社会悪とも言うべきその居心地の良さは、洋式トイレの普及によるところも大きいでしょう。

やはり人間、座りやすい椅子に座りたい。
いちど座ったら、そこでゆっくり落ち着きたい。
すると自然と個室滞在時間は伸びていき、行列が絶えなくなる。

若くて元気な女性たちがトイレに長々と居座ってしまう。

それによる経済的な損失たるや、計り知れません。

たとえば、どこぞの美容関係者に「和式トイレの方が内臓ストレスがなく美容にいい」とかそういう話を流布してもらえれば、女性陣はこぞって和式を選び、すると洋式ほどゆったり座っていられないので個室回転率も上がるのではないでしょうか。

ちなみに和式トイレの良さは、こちらのブッとび動画が教えてくれている通りです。

まぁもちろん和式は和式で、腰痛いと辛いとか、もの落とすのが怖くて気が気じゃないとか、外国人が使い方まちがえちゃうとか、いろいろ改善点は多いんですけど。

経産省のみなさま、ぜひいちどご検討を。

【映画】ダイ・ハードはバカばっかだった話

年始に、いわゆるショッピングモールに行きますと、すごい人ですね。
みんな家でゆっくり過ごす正月というものに飽きているのか、服屋も無印もカフェも人、人、人。

そんな中でただ一箇所だけ、雑踏の中のオアシスのごとくひっそりとたたずんでいたお店が、そう、CDショップです。
1人、2人のお客さんがいるかいないかで、店員さんも呼び込みをするでもなく、そこだけ時間の進み方が違うみたいなのです。みんな紅白みたばっかりで音楽っ気に溢れてるはずなのに。

これこそがレコード産業のいま。むしろそのお店が今も残っていることを称えるべきなのかもしれません。
そういえば、大学の近くのツタヤもこないだ閉店してました。

それはともかく。

私もモールの初売りセールの空気にヤられており、特に欲しいものはないが買い物はしたい症候群になっていたので、その静かなCDショップに入ると、なんと。

DVD 10枚で3,000円

なんという価格破壊
1本300円で映画が観れる時代が来てしまいました。
1本あたり500円とかのセールはタワレコとかでもよく見ますが、ここまでの安さはそうそう拝めるものではありません。

これだけエンタテイメントコンテンツが溢れて受容されているのに、その対価は下がる一方。
この国がどれだけエンタテイメントに厳しいかを、目の当たりにしてしまいました。

そして安いものが並んでいるならそれはもうそれに手が伸びてしまうのは避けられない衝動です。
数々の名作を生み出した映画業界のみなさんに、ごめん、と思いながら10枚を選び、正月の購買欲求を満たしたのでした。

その中に1枚、紛れ込んでいたのがこの、

ダイ・ハード

です。

言わずと知れた大ヒットアクション映画。
何を隠そう、私が生まれた年の映画です。
この年には他にも、となりのトトロ火垂るの墓釣りバカ日誌と、数々の名作が生まれた年でもあります。素晴らしい年です。パワースポットならぬパワーイヤーだったのかもしれませんが、私はまだそのパワーにあやかれてません。

 

さて、
私はあまりハリウッドアクションものは自分からは好んで観ないのですが、兄が他の男子にもれずそういうのが好物なので、兄の横でよく金曜ロードショーとかでターミネーター2とかダイハード2とか観ていました。なぜか私の記憶には2が根強い。

そんなことよりこのダイ・ハードの一作目。

話としては、アメリカ西海岸の正義感の塊みたいな警官(ブルース・ウィリス)が、クリスマスの日、西海岸の日系企業でバリキャリをしている妻に会いにいきます。

その企業のパーティーで妻と久々の再会をして、ぎこちなく互いの夫婦愛を確かめようとするのですが、双方のプライドが邪魔してまた喧嘩ムードに。
とかなんとかしてるうちに、ハイパー武装した強盗グループにビルが乗っ取られてしまいます。
社長もさっさと殺されてしまい、狡猾な武装グループに電話線も切断され(メールや携帯といった連絡手段がないのが時代性)、ビルは陸の孤島に。
唯一の戦力である主人公のブルース・ウィリスが肉体とアイデアを駆使して孤軍奮闘する話です。
その、ワンシチュエーションで多勢に無勢な密室の中ヒーローが孤軍奮闘するというのが、当時には新しいアクションの試みだったようです。

 

本場アメリカでは7月に公開だったようですが、なぜか舞台は真逆のクリスマス。
巨大なビルなのでいくら西海岸とはいえ、ビルの空調がんばったっておそらく極寒です。
なのにブルース・ウィリスは冒頭15分ぐらいを過ぎたらあとはずっとタンクトップに裸足。(タンクトップって嫌が応でもちょっとバカっぽい感じが醸し出されてしまう気がするのは、私だけでしょうか。)
確かに夏の映画で主人公がゴワゴワ着込んでても暑苦しいけど、ここまでの薄着はもはや、

俳優本人が「タンクトップじゃなきゃ俺は出ねぇ」とゴネたとしか思えません。

しかもそのタンクトップ、後半から明らかに色が変わります。
劇中の血のりとかいうレベルではない変色。
なぜスタッフは白いタンクトップを十分に確保できなかったのでしょう。謎です。

 

あと、強盗に押し入られ外部との連絡手段を断たれた冒頭、主人公は機転を利かせて火災報知機を作動させ周囲に異変を知らせようとするのですが、これも敵の妨害によってせっかく近くまで来た消防車も引き返してしまいます。

その様子を上階の窓から祈る気持ちで見ているブルース・ウィリス、大声の独り言が多すぎです。あとガラスバンバン叩きすぎです。
そんなにバタバタしたら、敵に見つかっちゃうよ!と気が気ではありません。

このシーンのみならず、彼の独り言の声の大きさには終始ドキドキさせられます。

あとこれ、アクション映画だと思って観たら、後半ほとんどブルース・ウィリス、座ってタバコ吸ってるだけです。あとその間、敵グループも聞いている無線でプライベートの話をしすぎです。

いやまぁ普通の警官が1人で何人も倒してるんで疲れるのもわかるんですが、ただ座ってるだけもどうなのかと。いや黙って座ってれば「潜伏」という戦法として理解できるのですが、その間も敵に大事な情報を知られかねない無駄話をぺらぺらし過ぎなのはどうなのかと。

 

主人公はまぁそんなちょっと不思議な子なんですが、しかし周りも周りなわけです。

強盗グループ、6億ドル盗むのに武器に気合入れすぎ。

リムジンのドライバー、あれだけの銃声と爆音に最後まで気づかなすぎ。

現地警察とFBI、ショボすぎ。

テレビ局、余計なことしすぎ。

あとビル爆破しすぎ。

もう誰を信じていいのかわからない、右を向いても左を向いてもバカしかいない。唯一、話を前に進めてくれそうな黒人警官には圧倒的に権力が足りない。もう観客がすがれる、知性と権力と冷静さを備え、いかなるピンチも素晴らしい機転で乗り切ってくれる唯一の登場人物はそう、

悪の強盗グループのリーダー、ハンス氏のみです。

彼の人望、判断力、決断力、行動力、統率力、戦略構築力。彼ほどの逸材はそうそういますまい。いっそ、彼についていきたい。それくらい彼の才覚は素晴らしく、周りのバカが浮き立つばかりです。

 

ちなみにこのハンス氏が唯一、無様にも感情をあらわにして必死の形相を見せるシーン、それが最後のフリーフォールシーンです。これ、俳優もガチでびっくりした表情だったらしいのですが、まったくこのスローモーションで描かれる驚きと絶望と焦りの表情、これだけでも十分に見ものです。

 

とまあ、いろいろ好き勝手に言いましたが、

概して昔の映画っていま見ると突っ込みどころ満載なんですが、この映画が当時、いかに世の中にとって新しくて興奮するものだったかは、その後の歴史が証明しているのではないでしょうか。

タイトルからして大味そうな作品ですが、けっこう細かく伏線が張られていたり(主人公が裸足という設定が活きる場面が遅すぎてちょっとびっくりしますが)、当時の社会意識(日系企業のグローバル進出、女性のワークスタイル、ヨーロッパの強盗組織とかもそうなんでしょうか)も垣間見えて、そういう目で見ても興味深い作品です。

 

同じ10枚3,000円セールで「ダイ・ハード2」も買ったので、それも近いうちに観ようと思います。

 

それはそうと、英語でDie Hardって屈強で信念があってかっこいい感じするのに、カタカナで「ダイ・ハード」って言うとなんかバカっぽいのは、いったいなんなんでしょうね。

 

※noteから転載

 

 

 

【小説】反乱のボヤージュ

先日、京都を歩いていたらすごい建物に出会った。

柵の塀が高くて、その奥に横長の古い建物が見えていて、アパートのようなんだけど、廊下に服が吊るされたり私物が乱雑に置かれたりしていて、何かの施設にしてはセキュリティが甘々だなぁ…と

ドキドキしながら塀に沿って歩いていくと、門に行き着いた。門の横には「京大 熊野寮」。

 

これがあの、ニュースでみた!と思ったことを知人に話すと、勧めてくれたのがこちらの小説。 

 

 

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

 

 

 

東京の一流大学の寮生たちが、廃寮を目論む大学とたたかう話。

ドラマ化もされているみたいで、ぜひ見たいと思った。良質なエンタテイメント。

家族との関係とか就職とか、大学生活の中で、あとから思うと幼稚なんだけどその時の自分らにとってはとても大切な時間の、そのきらめき。

もう戻りたいとは思わないけど、懐かしくってステキ。