ho - jun

芳醇/豊潤 ・ 小説と漫画創作 ・ 本と映画レビュー ・ 初心者社会学

【映画】ダイ・ハードはバカばっかだった話

年始に、いわゆるショッピングモールに行きますと、すごい人ですね。
みんな家でゆっくり過ごす正月というものに飽きているのか、服屋も無印もカフェも人、人、人。

そんな中でただ一箇所だけ、雑踏の中のオアシスのごとくひっそりとたたずんでいたお店が、そう、CDショップです。
1人、2人のお客さんがいるかいないかで、店員さんも呼び込みをするでもなく、そこだけ時間の進み方が違うみたいなのです。みんな紅白みたばっかりで音楽っ気に溢れてるはずなのに。

これこそがレコード産業のいま。むしろそのお店が今も残っていることを称えるべきなのかもしれません。
そういえば、大学の近くのツタヤもこないだ閉店してました。

それはともかく。

私もモールの初売りセールの空気にヤられており、特に欲しいものはないが買い物はしたい症候群になっていたので、その静かなCDショップに入ると、なんと。

DVD 10枚で3,000円

なんという価格破壊
1本300円で映画が観れる時代が来てしまいました。
1本あたり500円とかのセールはタワレコとかでもよく見ますが、ここまでの安さはそうそう拝めるものではありません。

これだけエンタテイメントコンテンツが溢れて受容されているのに、その対価は下がる一方。
この国がどれだけエンタテイメントに厳しいかを、目の当たりにしてしまいました。

そして安いものが並んでいるならそれはもうそれに手が伸びてしまうのは避けられない衝動です。
数々の名作を生み出した映画業界のみなさんに、ごめん、と思いながら10枚を選び、正月の購買欲求を満たしたのでした。

その中に1枚、紛れ込んでいたのがこの、

ダイ・ハード

です。

言わずと知れた大ヒットアクション映画。
何を隠そう、私が生まれた年の映画です。
この年には他にも、となりのトトロ火垂るの墓釣りバカ日誌と、数々の名作が生まれた年でもあります。素晴らしい年です。パワースポットならぬパワーイヤーだったのかもしれませんが、私はまだそのパワーにあやかれてません。

 

さて、
私はあまりハリウッドアクションものは自分からは好んで観ないのですが、兄が他の男子にもれずそういうのが好物なので、兄の横でよく金曜ロードショーとかでターミネーター2とかダイハード2とか観ていました。なぜか私の記憶には2が根強い。

そんなことよりこのダイ・ハードの一作目。

話としては、アメリカ西海岸の正義感の塊みたいな警官(ブルース・ウィリス)が、クリスマスの日、西海岸の日系企業でバリキャリをしている妻に会いにいきます。

その企業のパーティーで妻と久々の再会をして、ぎこちなく互いの夫婦愛を確かめようとするのですが、双方のプライドが邪魔してまた喧嘩ムードに。
とかなんとかしてるうちに、ハイパー武装した強盗グループにビルが乗っ取られてしまいます。
社長もさっさと殺されてしまい、狡猾な武装グループに電話線も切断され(メールや携帯といった連絡手段がないのが時代性)、ビルは陸の孤島に。
唯一の戦力である主人公のブルース・ウィリスが肉体とアイデアを駆使して孤軍奮闘する話です。
その、ワンシチュエーションで多勢に無勢な密室の中ヒーローが孤軍奮闘するというのが、当時には新しいアクションの試みだったようです。

 

本場アメリカでは7月に公開だったようですが、なぜか舞台は真逆のクリスマス。
巨大なビルなのでいくら西海岸とはいえ、ビルの空調がんばったっておそらく極寒です。
なのにブルース・ウィリスは冒頭15分ぐらいを過ぎたらあとはずっとタンクトップに裸足。(タンクトップって嫌が応でもちょっとバカっぽい感じが醸し出されてしまう気がするのは、私だけでしょうか。)
確かに夏の映画で主人公がゴワゴワ着込んでても暑苦しいけど、ここまでの薄着はもはや、

俳優本人が「タンクトップじゃなきゃ俺は出ねぇ」とゴネたとしか思えません。

しかもそのタンクトップ、後半から明らかに色が変わります。
劇中の血のりとかいうレベルではない変色。
なぜスタッフは白いタンクトップを十分に確保できなかったのでしょう。謎です。

 

あと、強盗に押し入られ外部との連絡手段を断たれた冒頭、主人公は機転を利かせて火災報知機を作動させ周囲に異変を知らせようとするのですが、これも敵の妨害によってせっかく近くまで来た消防車も引き返してしまいます。

その様子を上階の窓から祈る気持ちで見ているブルース・ウィリス、大声の独り言が多すぎです。あとガラスバンバン叩きすぎです。
そんなにバタバタしたら、敵に見つかっちゃうよ!と気が気ではありません。

このシーンのみならず、彼の独り言の声の大きさには終始ドキドキさせられます。

あとこれ、アクション映画だと思って観たら、後半ほとんどブルース・ウィリス、座ってタバコ吸ってるだけです。あとその間、敵グループも聞いている無線でプライベートの話をしすぎです。

いやまぁ普通の警官が1人で何人も倒してるんで疲れるのもわかるんですが、ただ座ってるだけもどうなのかと。いや黙って座ってれば「潜伏」という戦法として理解できるのですが、その間も敵に大事な情報を知られかねない無駄話をぺらぺらし過ぎなのはどうなのかと。

 

主人公はまぁそんなちょっと不思議な子なんですが、しかし周りも周りなわけです。

強盗グループ、6億ドル盗むのに武器に気合入れすぎ。

リムジンのドライバー、あれだけの銃声と爆音に最後まで気づかなすぎ。

現地警察とFBI、ショボすぎ。

テレビ局、余計なことしすぎ。

あとビル爆破しすぎ。

もう誰を信じていいのかわからない、右を向いても左を向いてもバカしかいない。唯一、話を前に進めてくれそうな黒人警官には圧倒的に権力が足りない。もう観客がすがれる、知性と権力と冷静さを備え、いかなるピンチも素晴らしい機転で乗り切ってくれる唯一の登場人物はそう、

悪の強盗グループのリーダー、ハンス氏のみです。

彼の人望、判断力、決断力、行動力、統率力、戦略構築力。彼ほどの逸材はそうそういますまい。いっそ、彼についていきたい。それくらい彼の才覚は素晴らしく、周りのバカが浮き立つばかりです。

 

ちなみにこのハンス氏が唯一、無様にも感情をあらわにして必死の形相を見せるシーン、それが最後のフリーフォールシーンです。これ、俳優もガチでびっくりした表情だったらしいのですが、まったくこのスローモーションで描かれる驚きと絶望と焦りの表情、これだけでも十分に見ものです。

 

とまあ、いろいろ好き勝手に言いましたが、

概して昔の映画っていま見ると突っ込みどころ満載なんですが、この映画が当時、いかに世の中にとって新しくて興奮するものだったかは、その後の歴史が証明しているのではないでしょうか。

タイトルからして大味そうな作品ですが、けっこう細かく伏線が張られていたり(主人公が裸足という設定が活きる場面が遅すぎてちょっとびっくりしますが)、当時の社会意識(日系企業のグローバル進出、女性のワークスタイル、ヨーロッパの強盗組織とかもそうなんでしょうか)も垣間見えて、そういう目で見ても興味深い作品です。

 

同じ10枚3,000円セールで「ダイ・ハード2」も買ったので、それも近いうちに観ようと思います。

 

それはそうと、英語でDie Hardって屈強で信念があってかっこいい感じするのに、カタカナで「ダイ・ハード」って言うとなんかバカっぽいのは、いったいなんなんでしょうね。

 

※noteから転載

 

 

 

【小説】反乱のボヤージュ

先日、京都を歩いていたらすごい建物に出会った。

柵の塀が高くて、その奥に横長の古い建物が見えていて、アパートのようなんだけど、廊下に服が吊るされたり私物が乱雑に置かれたりしていて、何かの施設にしてはセキュリティが甘々だなぁ…と

ドキドキしながら塀に沿って歩いていくと、門に行き着いた。門の横には「京大 熊野寮」。

 

これがあの、ニュースでみた!と思ったことを知人に話すと、勧めてくれたのがこちらの小説。 

 

 

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

 

 

 

東京の一流大学の寮生たちが、廃寮を目論む大学とたたかう話。

ドラマ化もされているみたいで、ぜひ見たいと思った。良質なエンタテイメント。

家族との関係とか就職とか、大学生活の中で、あとから思うと幼稚なんだけどその時の自分らにとってはとても大切な時間の、そのきらめき。

もう戻りたいとは思わないけど、懐かしくってステキ。

【社会学#13】安保法案まわり、逆に見てみた。

安保法案がホットだ。

私は今回の安保法案はどちらかといえば反対派で、なぜかというとなるべく搾取や殺人は許されて欲しくない、と素朴に思うからだ。
こんなに反対派が声を上げているのに法案が衆議院を通ってしまう民主主義って、なんだかおかしいと思う。
 
でも一方、私の日常生活では、賛成派の意見がぜんぜん耳に入ってこない。これもなんだかおかしい。
メディアもSNSも、誰もかれもが反対!反対!と叫んでいる。
政府は安保法案をとにかく通そうと躍起で、政府以外の情報機関がこぞって安保反対を煽る。
この二項対立のような構図は、民主主義だろうか?
 
ちょっとでもその喉元悪さをすっきりできればと、
反対派の立場から、それとは別の見方をしてみよう。
 
安倍総理は退陣すべし!!
⇔確かに安倍総理もういいよ…とは思うけど、いま退陣されると余計に厄介。
誰かが総理をしなきゃいけないから他の人が総理の座につく。
でも安倍総理のショックから、次の総理はとりあえず「私は安保法案を廃案します」って言っとけばいい感じになって、他の政治経済文化をリードする構想や能力をフェアに測れるか疑問。
民主主義の実現のため、複数候補者のうち支持を集めた人が次のリーダーにしよう!なんてなると、何人かの廃案派の候補者は票が割れて、安保賛成派の候補者は賛成派票を独占、結果賛成派に決定、なんてこともありうる。(神戸空港建設時の市長選みたいに)
総理が変われば世の中が良くなるわけじゃない。別の方法で良くしていきたい。
 
◆既に日本はイラク戦争に加担している!戦地での人道的支援は良いけど、殺人幇助は許さない!
…このはなしは山本議員も指摘しており、下記の本に詳しい。 
⇔この「違法だ、違憲だ」という声に、自衛隊の方々はどう思うのだろう。
想像だけど、自衛隊が「人道的支援」のために物資を乗せて戦争の起こっている国に行くと、その先には、アメリカとか他の友好国の隊員がいる。彼らはガチの戦争をしてる。
自衛隊員の方、どうかその輸送機で我々の人員や物資を運んでくれないか。ほんの数キロ先でいいんだ。日本のルールは知ってるけど、こっちには生死がかかっている、どうかお願いだ」と懇願されたら、
「日本の自衛隊はモノだけ運んだら尻尾巻いて帰るのか、命がけで戦っているおれたちを見殺しにするのか!」と罵られたら、
それでも背を向けて日本に飛んで帰ってこれるだろうか。
目の前にいる人の生命のために、行動を起こした。それを自国に戻ると犯罪者よばわり。
「人道的支援」をされる側だって、「食糧や医療器具もありがたいけど、そんなことより空襲してくるあの飛行機とめてよ、友好国なら説得してよ」って感じじゃないか。
 
日本の自衛隊が、日本の法律だけを判断基準にして、ひとの領地で誰が見ても平和的な活動だけに従事する…なんて、甘いと思う。
他国へ赴くということは、他国の基準・文化・状況と対峙することだ。戦争だからじゃなくて、個人の海外旅行だってそう。ひとの国に来て自分のルールを振りかざすことがどれだけ迷惑か、東京・大阪・京都あたりの人ならだいたい知ってるんじゃないか。
 
 
自衛隊が人を殺すかもしれない法案改定は絶対ダメ!現状を維持せよ!
⇔でも現状の安保法案は、ふつうに考えて、アンフェアだと思う。
日本に何かあったらアメリカは助けてくれるのに、逆はしらんぷり。
かつての経済成長めざましい日本であれば、アメリカにも譲歩するメリットはあったかもしれないけど、今の日本にそこまでの国際的なウマみがあるとは思えない。
ふつうの大人が、ふつうに判断したら、いまの法案は社会通念上、通らない。
ふつうの理論が通じるふつうの国際人だと周りから思われるためには、現状は確かにうちら良い目見すぎだと認めて、そこからどうする、がないと。
 
 
◆現状の法案もダメ!米軍基地を国外へ移転せよ!
⇔アメリカ軍の人からしてみたら、
愛国心なり正義感なりしゃーなしの事情なりをそれぞれ抱えて入隊した、と思ったら日本基地配属。「なんかあったら日本と協力してね」と言われた時の「これじゃない」感。おもてなしの国だと聞いてきた日本では、住民たちが「国外へ出て行け」と大反対。
新卒採用が3年で会社を辞めていく状況と、なんだか重なって見えてしまう。
そんな状況で、本当にいざという時に日本に全面的に協力してくれるのだろうか。相手だって人間なんだから、「だって日々おれらに反対運動する国じゃん」って気持ちがどこかで過ぎらないと言えるだろうか。
そんなことで、日米の持ちつ持たれつの関係なんてお互いに信じられない。それではきっと本当に必要な時に本当に必要な効果を発揮しない。
 
 
◆日本はアメリカの犬になるのか!アメリカの言いなりか!
⇔ではアメリカを手放して、日本が軍事力をまったく持たなくなったら。
戦争ビジネスに明け暮れる他の国に目をつけられて、簡単に潰されちゃうんじゃないか。
日本なんて国際的にみれば、ちょっと手先が器用な民族が住む小さな国、くらいかもしれない。
たとえばガラパゴス諸島には素晴らしい自然があるけど、でもここを潰しちゃえば日本の貧困や自殺や少子化やあらゆる問題が解決するよ!ガラパゴスの自然はあなたの明日の食事を保証してくれるわけじゃないでしょ、どっちが大事か考えてごらん!と言われたら、それでもこの島を守ろうとするだろうか。
同じように、日本は世界から守られる保証なんてどこにもない。
日本製品や日本文化は、すばらしいけど、外国の人にはなくても構わないものだし、
ストップすると困る日本企業や技術があるなら、さっさと海外の企業が買収すればいい。

では弱者が生き延びるには。
けっきょくコバンザメするしかない。
コバンザメするなら、サメにとって有益なコバンザメであり続けなければならない。
いま、このコバンザメは、サメにとっての有益性が揺らいでいる。
このままじゃマズい。サメに見捨てられたコバンザメはイルカに食べられてしまう。


以上、考えてみると
人が死んだり殺されたりすることには反対したいけれど、それだけでは何も解決しないのだ。
野党は与党に反対反対さけんだり、「感じ悪いよね」なんて幼稚なプラカードを印刷してる場合じゃなくて、
同じ課題認識の土俵に立って、代案を考えなきゃいけないのだ。

野党だけじゃなくてもいい。
たぶん今、誰がそれを考えてもいい。

【書籍】最近面白かった「社会」の本

「社会」のことを語る本を、ゆっくりとですがいくつか読んでいます。

この半期くらいで面白かったものをいくつかご紹介。

 

 

社会を変えるには (講談社現代新書)

社会を変えるには (講談社現代新書)

 

 かなり厚みのある、読み応えのある本です。

書かれたのが2011年の脱原発デモ盛んな時期だったので、時代背景もあって例えば今の安保法案反対デモにそのまま当てはめれるか、示唆があるかというと微妙なところですが、

過去の社会運動の歴史や哲学など、幅広いジャンルの知識を体系的にまとめていて

自分のような「あれこれの著名人の本をおいそれと読み漁れない…」というスローリーダーが入門編としてつまみ食いするのには、とても面白く読めました。(その上で「これだけを信じるな、本当に知りたければ原典を当たれ、あとのことは自分でやれ」と冷たく突き放すところも、押し付けがましくなくて好感度。)

「社会を変える」ためでなくても、若い人が教科書上でしか知らない歴史を少し立体的に見てみるのに有用です。

 

 

 

内田樹の大市民講座

内田樹の大市民講座

 

 著者が新聞に寄稿していたコラムを1冊にまとめたもの。

普段あまり新聞を読まないので、こんな切り口で痛快にその時代を批判する人がいるのか、というだけでとても気持ちがよかった。

特に印象に残っているのが「教育」の章で述べられていたこと。

確か「いじめ自殺」問題に触れてだったと思うが、

例えばキリスト教社会では、家では父親が絶対的・学校では教師が絶対的だとしても、毎週通う教会では父親も教師も学校の生徒たちもみんな、牧師さん・神父さんという更に上の存在を前に自分と水平になる。どんなに怖い父親でも教会では頭を垂れる。

ある社会的単位で絶対視されたものが、教会という社会的単位では相対化される。それによって自分を相対化して、社会化されて(成熟して)いく。

日本ではそれが「祭り」だった。村の祭り行事を通して、他者を、自己を相対化する。

今ではそういった、いわば"サードプレイス"がないので、自己も他者も相対化できなくて、未熟な子どもたちが寄り集まっていじめが生じ、絶対視されている教師にも見放されると他に寄る術がなくて自殺に追い込まれる。

…この本からの引用と私の解釈をごちゃ混ぜにしているのでちょっとずれてるかもしれないけれど、こういった目線で今の教育システムの問題を解き明かされたのはとても新鮮だった。

他にもこの本の中から語りたいことはいろいろあるけれど、それはまたの機会に。

 

 

 

世界は宗教で動いてる (光文社新書)

世界は宗教で動いてる (光文社新書)

 

 けっこうエッジの効いた論を展開する人のように感じたので100%鵜呑みにしてはいけないかもしれないけれど、

無神論者にはピンとこないいろいろな宗教の事情をひとつひとつ分かりやすく紐解いてくれる、面白い一冊。

一神教多神教で「契約」の感覚が違う、とか。

政教分離で近代化したキリスト教と、政治と宗教が一体となって社会を根底から支えるヒンドゥー教、とか。

むしろこれを、それぞれの宗教の人が見て「言われてみれば…」と感じるのかが一番気になるところ。

【社会学#12】名詞>ここは俺が!

父親はテレビに小言を言うタイプのオヤジだった。
おバカタレントがもてはやされた時分はそれはもう大変で、たぶん日頃のストレスも多い年頃だったんだとも思うけれども、「日本語がおかしい」「そんなことも知らないのか」とずっとぶつぶつ言っていた。

そんな家を出たからかそう感じるだけなのか、いいかげん世の中も言葉(や世界の様々な)変化に対応してきたのか、そういうことを言う大人は周りに少なくなった。

それでも確かに、様々な形容詞たちが「すごい」と「ヤバい」に集約されて、いよいよ日本は会話の空気を読めなければ生きていけない国になった。そこに「ハンパない」「レベル高い」なんかも加勢して、いやはや人類は便利なものを発明する天賦の才を授かったものだ。

さて、ものごとは、何か進化すれば何かが退化する。
何かが減れば何かが増える。
右足を怪我すれば左足が庇う。

いまの言葉において形容詞が極端に減ったことで、それを庇うように名詞が極端に増えたように感じる。

女子力。女子会。草食男子。イクメン
いじめ。セクハラ。空気。
愛国心。幸福度。

「自分大好きな人」は「自己愛強すぎ」で、なんとなくさっくりと軽くなるし
「病んでる人」は「メンヘラ」で、なんとなく社会で許容される感が出る。

形容詞は対象をずばり指し示してしまうけど、
名詞は対象をただカテゴリ分けしただけになる。
カテゴリ分けには、個々人の解釈が介在するので、対象をずばり断じることを避けられる。単語自体は尖るけれど、言葉はやわらかくなる。

形容詞が何かを明言することを止めた分、名詞が形容詞化してそれを補う。
抽象化していく形容詞を、名詞が庇う。

がんばれ名詞。
日本人のやわらかなカンバゼーションは、きみの進化にかかっている。